定期的に投資を行うメリット

定期的に投資を行うメリット

作成 Jack Lowe

変動する市場への投資を躊躇していませんか?そんなあなたにおすすめの投資法が積立投資 とドルコスト平均法です

老後資金を確保したい、子どもの大学進学資金を貯めたい、理想のウェディングやマイホームを実現したい — そんなあなたの夢を叶える資金作りを強力にサポートしてくれるのが、積立投資による規律ある投資手法です。積立投資のメリットは、自動的に毎月貯金をすることで、資産管理の規律が身につく点にあります。

上手な投資の原則はいたってシンプル。「市場価格が安いときに買い、高いときに売る」ことです。しかし、どんなに市場に精通した経験豊富な投資家であっても、そのような芸当を一貫して行うことは困難でしょう。なぜなら、投資市場は変動しやすく、しばしば予期せぬ理由で突然上昇したり下降したりするからです。一方で、この変動性(ボラティリティ)には、リターンを生む可能性をもたらすという側面もあります。規律ある手法で投資を行うことで、変動性を活用してパフォーマンスの低調な期間を乗り切り、長期的には順調にリターンを得ることができます。

全資金を一度に投資するのではなく、一定の金額を定期的に投資する堅実な手法を試してみましょう。これは、ドルコスト平均法と呼ばれる投資方法で、積立投資の基本的な特徴です。この方法を使えば、シンプルかつ効果的な投資原理の力を利用して、市場のボラティリティを味方につけることができるでしょう。

今すぐ積立投資をはじめましょう

アルジェンタムがあなたの資産運用をお手伝いします。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

その仕組みをご説明します

ドルコスト平均法とは、一度にまとまった金額を投資(一括投資)するのではなく、一定期間ごとに一定金額を投資することで、投資ポジションを構築する手法です。長引く下げ相場では、市場が長期間にわたって下落または横ばいで推移するため、この手法が特に有効です。定期・定額投資のメリットは、投資対象の金融商品が安いときには多く買い、高いときには少なく買うことができる点にあります。つまり、投資金額は変わらず、購入数が市場に合わせて増減するということです。例えば、S&P500 の銘柄に20年間かけて継続投資した結果、リターンは年率7.2%になりました。しかし、この20年間のうち、株価が大幅に上昇した上位10日の投資機会を逃していたら、それだけでリターンは半分の3.5%にまで減少していたでしょう。毎月定期的に投資していれば、下降局面で不安になっても、上位10日を取り逃すことはありません。

Regular Savings Plan

また、ドルコスト平均法は、投資初心者でも比較的少額の資金で始めることができます。少額の資金を年間を通じて継続的にファンドや銘柄に投資するため、まとまった資金が得られるまで待つ必要がありません。さらに、止めたり始めたりを繰り返すのではなく、目標に向かって絶え間なく投資できることも、この手法の特徴です。継続的に投資することで、目標を達成できる可能性が高くなります。この手法は、価格が高いときに誤って全資金を投資してしまうリスクを減らすことができるため、変動の激しい市場では特に有効です。大事なのはなるべく安値で買うことですが、1年を通して分散投資をしていれば、市場が下落する直前に全資金を投資してしまう心配もありません。

一括投資の実質的な欠点として、損失を回避しようとする心理やボラティリティの影響によって逆効果の意思決定をしてしまう心的傾向が挙げられますが、こうした心的傾向を和らげるうえでもドルコスト平均法は有効です。つまり、ドルコスト平均法は、投資家が自分の感情に任せて判断することなく、高値で売り、安値で買うのを助けてくれるのです。

有効な資産運用方法をお探しで、積立投資について詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にアルジェンタムウェルスマネージメントの無料相談をお試しください。プロのファイナンシャルアドバイザーが、規律ある一貫した投資手法をご紹介し、お客様がボラティリティの高い時期に耐え、長期的に資産を最大化できるようお手伝いさせていただきます。

Other Articles

アルジェンタムの顧客になることを希望します

アドバイザーへのお問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.