パンデミック特別編:市場の調整から学ぶべき4つの教訓 不安にならず

ボラティリティに好機を見出す方法

パンデミック特別編:市場の調整から学ぶべき4つの教訓不安にならず

作成 Lloyd Danon

2020年2月から3月にかけて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に関する懸念の高まりを受け、S&P500指数が30%以上落ち込み、株式市場は大きく下落しました。この突然の暴落は、アルジェンタムのチームを含む多くの投資家に、不安定な市場が多くの不確実性を生んだ2008年の世界金融危機を思い起こさせました。しかし、各国がCOVID-19の感染拡大防止に向けて動き出したことで、市場は回復へと向かっていきました。

これらの出来事から学べることは、弱気市場は投資家にとってパニックを誘発するものではなく、絶好の好機であるということです。変動の激しい時期のストレスを和らげるために、市場が回復するまでの期間を乗り切るための4つの重要な教訓について考えてみましょう。

教訓1:調整が起きるのは正常なことであると理解し、備える

調整は金融市場の正常な機能です。いつ調整が起きるかは誰にも予測できませんが、それに備えておくのが得策でしょう。市場が打撃を受けるたびに、投資家は驚き、しばしばパニックに陥りますが、人類史上、弱気市場の調整は何度も行われてきました。

強気市場が長期間続くこともありますが、弱気市場が出現する時期は必ず来ます。そのときは、弱気市場は長続きしないことを覚えておくことが大切です。一般的に、強気市場の上昇は、市場の下落によって受けた損失を補う以上の効果があります。

投資家が資本市場からお金を稼ぐことができるのは、こうした市場価格の変動があるからです。農家が作物を育てるために畑を休ませるのと同じように、投資家が利益を生むには市場の調整が必要なのです。

市場を読むにはプロの力を借りましょう

今すぐアドバイザーにご相談ください!

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

教訓2:冷静さを保つ

投資の第一のルールは、感情的にならないことです。最悪なのはパニックに陥って売ることで、この戦略は必ずと言ってよいほど失敗します。資産や投資について感情的になってしまうことがあれば、ファイナンシャルアドバイザーに相談し、意思決定のプロセスをサポートしてもらいましょう。昔から「高値で買って安値で売るな」と言われていますが、残念ながら、多くの個人投資家が資本の喪失を懸念して、このような行動をとってしまうのです。経験豊富で信頼のおけるファイナンシャルアドバイザーを持つことで、こうした局面で不可欠なセカンド・オピニオンを得ることができ、本当のリスクを特定することができます。

調整局面を乗り切るためには、その前に適切な投資計画を組んでおくことが重要です。ポートフォリオ・アドバイザリーサービスでは、市場が不安定なときにダウンサイドリスクやマーケットエクスポージャーが軽減されるように設計することで、安全性を高めています。また、ポートフォリオは、必要に応じて資産クラスや現在保有している資産をすぐに切り替えられるような流動性のあるものでなければなりません。

教訓3:周りが慌てている時こそ、好機を逃さず行動する

皆がパニックに陥っているときに株を買うのは直感に反していると思われるかもしれませんが、市場の調整局面は、価格が低いときに市場に参入する絶好の機会となります。これは、多くの投資初心者にとっても魅力的な優れた戦略であり、賭けに出ることを厭わない人たちの間で人気が高まっています。渦中にいるときには決して容易な決断ではありませんが、歴史的に見て、この戦略は常に最善の結果をもたらしてきました。

市場の不確実性や感情が高まっているときに冷静さを保つことで、他の人が傍観している間に利益を得るチャンスをつかむことができます。売りたい気持ちを抑えて、大胆に行動することで得られる利益を大局的に考えてみましょう。市場の大暴落は回復に1年以上かかることもありますが、金融危機の直後に購入した投資家は、市場が回復し始めてから購入した投資家に比べて最も利益を得る傾向があります。

4 Lessons to Learn from Market Corrections

教訓4:自分のリスク許容度に合った投資をする

投資家の中には、現在の財務状況やリスク許容度に対してアグレッシブすぎるポートフォリオを持つという過ちを犯す人がいます。強気市場の間は、より高いリターンを得られる可能性が非常に魅力的に見えますが、リスクの本当の代償は、市場が調整局面に入るまでわかりません。弱気市場の悪影響を回避するためには、自分のリスクプロファイルに合った投資ポートフォリオを持つことが不可欠です。

また、市場の調整は、投資家が多様なポートフォリオの価値を痛感する時でもあります。弱気市場では、特定のセクターが他のセクターよりも大きな打撃を受けますが、多様なポートフォリオを組むことで、下降する市場からの全体的な打撃を和らげることができます。希望するリターンの高さだけでなく、自分がどれだけの損失に耐えられるかも考えてみましょう。

何から始めたらよいかわからない方は、アルジェンタムにご相談ください。経験豊富なアドバイザーが、どんな市場にも対応できる強固なポートフォリオを構築するために、適切な投資の組み合わせをご提案し、あなたの目標や夢を達成するための道筋をご案内いたします。

ぜひお気軽にアルジェンタムウェルスマネージメントの無料相談をお試しください

Other Articles

アルジェンタムの顧客になることを希望します

アドバイザーへのお問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.